「空き家問題解決型」の不動産投資で社会貢献!

不動産

こんにちは、主婦大家のたまべいです。

東京都下の我が家の近所でも、人が住んでいる気配のない空き家をちらほら見かけるようになりました。

一応、まだ表札はありますし、売りには出ていないようですが、全国で問題になっている空き家が身近になところまで来ていると感じています。

その空き家は、今のところ荒れたり、廃墟の様にはなっていないのでいいのですが、私は「もったいないなあ」と思いながら見ています。

日本で住宅が多く建てられたのは1970年代~80年代にかけてで、それらの住宅が現在、築40年~50年となり、住人も高齢化しています。

そして住人がお亡くなりになったり、子供達世帯に身を寄せたり、老人ホームに入所したり、また、子供達世帯も新しく居を構えて、実家には戻らなかったのだと思われます。

今後も住人の高齢化が進み、全国的に家主のいない家が増えていくのでしょう。

こういった空き家を再生して賃貸物件として貸し出せば、地域の活性や社会貢献につながり、自分も家賃収入を得れるので、検討してみる価値はあると思います。

しかし空き家を再生するのには、メリットが大きいですが、こんなはずではなかったと後悔しない為にもデメリットも認識しておかなくてはなりません。

私も戸建を再生して賃貸しておりますが、その際の経験を踏まえてお伝えさせて頂きますね。

空き家再生のメリット

客付に有利

ファミリー層やペットがいる世帯だと、区分より戸建を好む傾向があり、賃貸戸建は圧倒的に不足している。

高利回りを狙える

立地や物件の状態にもよりますが、ほぼ土地値といった価格で安く入手できる可能性があります。

長期の入居が見込める

ファミリー層の入居だと区分よりも定着するようです。

地域の活性化・空き家問題の解決

割れ窓の法則のように、空き家が放置されていると、犯罪や不法投棄といった街の景観が損なわれる可能性がありますが、きちんと手入れをして入居を促せば、地域の活性化にもつながります。

住宅弱者の問題

高齢者世帯やハンディーキャップのある方、シングルマザーの方々は民間の賃貸住宅を借りづらく、そういった方々向けにも再生された空き家はニーズがあります。

空き家再生のデメリット

修繕・リフォームが高額なりがち

古家なので気になる所が多く、全部修繕したくなりますが、最低限のリフォームで貸し出せるレベルまで仕上げることがポイントとなります。

 

空き家問題解決型 不動産投資って?

こういった空き家を購入し、再生して賃貸に出す不動産投資は今までもありましたし、私も経験があるのですが、再生する際にメンターや仲間がいると心強いので、特に初心者は是非作ることをお勧めします。

私も古家のリフォームの際に、仲間から良心的なリフォーム屋さんの紹介を受けたり、残置物処分の助言を受けたりと、かなり助けられました。

ちゃんと入居者が入るまで、心が折れそうになることもあるかと思いますが、そんな時にメンターや仲間がいると有難たかったですね。

もしあなたが空き家の不動産投資を検討されているなら、「空き家問題解決型」の不動産投資を推奨している、「(株)ベル」という会社を紹介させて頂きます。

こちらでは空き家を活用した社会問題解決型不動産投資を通して、表面利回りではなく、 「実質利回りで」5年で回収できる手法を紹介するセミナーを開催しています。

釣り人に魚を与えるのではなく、魚の釣り方を教えて覚えさせることによって、独り立ちした釣り人になるイメージでしょうか。

投資投資と言ってると自分のことばかり、目先の損得に視点が行きがちですが、この会社では社会問題の解決も目指しており、社会が最も必要とする投資家の育成に力を注いでいます。

セミナーは無料ですので、ご興味があれば是非ご参加してみて下さい。

コメント